シンプルなちょっとしたアイデアやコツ、おすすめの情報や商品などを紹介

シンプルなちょこっとポイント

雑学のポイント

御神木の種類をランキング!全国で数の多い順に調査してみた

更新日:

神社といえば、
 
一般的には境内に木が生い茂っています。
 
そんな神社境内にある木々のことを、
 
「鎮守の杜」といいます。
 
そして
 
神社には長い年月を経てきた木々を
 
御神木として
 
祭っているところも多いですね。
 
また御神木は
 
巨木や古木、
 
また
 
珍しい木であることが多いです。
 
そして御神木は、
 
しめ縄を張り、
 
柵をはりめぐらせるなどして
 
目立つ場合が多いですね。
 
全国ではそんな御神木が
 
たくさん存在しています。
 
そこで、
 
どんな種類の木が
 
御神木になっているのか
 
ランキングしてみました。
 

神社の御神木の種類ランキング

 

8位:サカキ

 
神事によく使われる木です。
 
7位:松類
 
葉は針葉の形をしています。
 
6位:シイ類
 
福島県や佐渡以西に分付しています。
 
5位:ヒノキ類
 
建築材によく使われる木です。
 
4位:ケヤキ
 
落葉の高木です。
 
3位:イチョウ
 
葉の形が扇型で実が銀杏として食用にもなります。
 
2位:クスノキ類
 
常緑の大木です。葉はやや革質です。
 
1位:杉
 
常緑の針葉高木です。
 
枝や葉に密につき、円錐形の樹形を形作ります。
 

まとめ

 
御神木ランキング、
 
いかがだったでしょうか?
 
やっぱり神社の御神木といえば
 
杉が一番多いんですね。
 
杉と神社、
 
確かによく似合いますね。
 
神社によっては、
 
祭神とゆかりのある樹木が
 
御神木となっている場合も
 
あるといいます。
 
例として、
 
伏見稲荷大社や大神神社の
 
「験のスギ」
 
 
太宰府天満宮の
 
「飛梅」
 
などがそれにあたるようです。
 
興味があるなら、
 
是非拝見しに
行ってみてください。

-雑学のポイント

Copyright© シンプルなちょこっとポイント , 2021 All Rights Reserved.