シンプルなちょっとしたアイデアやコツ、おすすめの情報や商品などを紹介

シンプルなちょこっとポイント

雑学のポイント

地震が起きる前兆!動物の不思議な行動まとめ

更新日:

地震が起きる前に前兆を知って
地震が起きる事を予知できることは
できないのでしょうか?

あらかじめ、地震に対する注意を
持っているのと、いないのとでは

いざ地震が起きたときの対応が違ってきます。

地震が起きる前の予兆を知ることのひとつに

動物達の異常行動が挙げられます。

そこで、地震の前に動物たちが
どんな異常行動をとっていたのか

事例を集めまとめてみました。

地震前の動物たちの異常行動の事例

■カズハゴンドウ

深い海に住んでいるイルカの一種の
「カズハゴンドウ」が
大量に海岸に打ち上げられる。

数日後に東日本大地震が起こっています。

■イワシ

大量のイワシが港に迷い込む。

その2日後にマグニチュード4.3の
地震が発生した。

阪神・淡路大震災(1995年)の直前
にも
漁をしていた人が珍しくも
イワシが海面スレスレに泳いでいた
のを目撃していたとも。

■ナマズ

ナマズが暴れると地震の前兆と言われています。

理由はナマズは電気に非常に敏感で、
地震発生前の電磁波を捉え、
反応するから。

■山の動物(鳥類含む)

山から動物たちの姿が山から消える。

動物たちの変化が確認されたのは
地震の20日くらい前からで、

その後マグニチュード7.0地震が
起こっている事例があります。

■クマ

いつもより冬眠から目覚める時期が
早いクマが多数目撃される。

その後に起きた地震の前兆だったのでは
ないかという研究家もいる。

大地震多発地帯のカムチャッカ半島には

クマが冬ごもりの穴から抜け出すと地震が
起きるとの言い伝えもあるといいます。

■クマ、シカ、イノシシなど

クマ、シカ、イノシシなど山の動物が
市街地に頻繁に出没するようになる。

後に震度6強の長野県北部地震が起こる。

■犬

異常に吠えるたり、落ち着きがなくなり
おびえる。

村から一匹残らず犬が逃げ出した後、
河北省地震(M6.8)が起きた事例あり。

■猫

猫が姿を消す。

玄界島中のネコの姿を消えたあとに、

福岡西方沖地震が起きたそうです。

■ベンガルトラ

普段は森林に住んでいる大型動物の
ベンガルトラが
開けた場所に出てきていて、人々が不思議に
思っていた。

その後ネパールで大地震(2015年)が起きる。

■カラス

普段見るカラス以上のカラス達が集まり
騒がしく鳴いて飛び回っている。

■スズメ

普段見たこともない大群のスズメが
電線にとまっていた。

■リス、ハムスター、ウサギ

飼っているリス、ハムスター、ウサギなどが
仲間を攻撃し殺し合う異常行動を取る。

その後に大きな地震が来た例が
報告されている。

■ミミズ

大量ミミズが地中から出てきた。

■モグラ

路上をモグラが走っているのを目撃する。

翌日に阪神大震災が起こる。

■ヘビ

冬期なのに、冬眠から目覚めた
ヘビが路上に現れ凍ってしまい、

それらのヘビを餌にしようとした
ねずみが大量に出現。

その冬に海城地震(マグニチュード7.2)
が起こる。

まとめ

一説には
動物たちには人間では感知できない
地震発生前の電磁波や低周波の振動を感知
しているから、

異常な行動を取っているといわれています。

動物たちの野生の感覚はすごいものが
あるので、無視はできないですよね。

動物たちの行動を観察、チェックすることにより
地震の予兆を知り、地震が予知できればいいですよね。

 

自然界では生き残る為に
動物たちは凄い能力を発達させてきました。

その能力ゆえに、
人間からは異常な行動を取っていると見えても
動物たちは生き残ろうとしての行動かもしれません。

故にその動物たちの地震前の行動を
予知に利用できれば、

地震の被害も少なくなる可能性がありますね。

 

今のところなぜ動物たちが異常行動をとるのかは
科学的には解明されていないそうなので、

真相の研究、解明が望まれます。

-雑学のポイント

Copyright© シンプルなちょこっとポイント , 2021 All Rights Reserved.